‘KC便り’ カテゴリーのアーカイブ

夏休みのイベント案内

2013年7月19日 金曜日

2013年03月キッズコンパス通信保護者のみなさまへ

夏休みのプログラムが決まりましたのでご案内いたします。

☆野菜の販売
(仕入れから販売・会計処理まで)
日程  7月22日(月)~7月26日(金)
場所  KCと萱町商店街(友田さん宅のガレージ)

☆ダンス教室
日程  7月29日(月)~8月2日(金)
場所  1日目城山公園 2日目~5日目 松山コミセン
☆愛媛の水産業
日程  8月5日(月)~8月9日(金)
場所  KCと見学施設
☆キャンプ
日程  8月9日(金)~8月10日
時間  15:00~翌日15:30
☆プール
日程 8 月12 日(月)
時間  13:00~16:00
場所  伊予鉄スポーツセンター
☆お盆休み
8 月13 日(火)~8 月15 日(木)
☆愛媛の医療
日程  8 月19 日(月)~8 月23 日(金)
時間  13:00~15:00
場所  KC と愛大医学部

詳しくはこちらをご覧ください(PDF)

KC井上

キッズコンパスの3年生理科はこちら

キッズコンパスの3年生理科

2013年6月28日 金曜日

2013年03月キッズコンパス通信保護者のみなさまへ

毎週月曜日、3年生に理科を教えています。
学校とは違う方法です。
先週から体の働きの単元に入りました。表面的な内容を話した後子どもたちに、課題を与えました。

今回のミッションは、さとりくんが『皮膚の働き』、えりこちゃんが『目の働き』、ともきくんが『耳の働き』について調べパワーポイントにそれをまとめ、プレゼンをすることです。(1週間でKCの自由時間や自宅で過ごす時間を活用します。)

評価のポイントは、収集した情報を分析し発信する情報をうまく構造化できているかです。プレゼンさせると、どれくらい理解できるか。また、どれくらい深堀できているかがわかります。

学ぶ方法によって子どもの成長が変わるんだなとわかりました。

今の学校教育体制は、全ての児童に、同じことを、同じ時間に、同じ方法で教えています。そうした要因の1つから、落ちこぼれになる児童がでたり、優秀な人材が育ちにくい環境になっているではと感じています。

参考までに、智貴くんがプレゼンをしたシートを添付しておきます。

理科3年生 堀内智貴くん

KC井上

日曜日運営のご案内はこちら

課題図書の取り組みや子ども新聞の取り組み

2013年5月16日 木曜日

2013年03月キッズコンパス通信保護者のみなさまへ

    KCでは、課題図書および子ども新聞について新しく取り組みをスタートいたします。
    ☆何故取り組むのか
    子どもたちの関心を社会の関心に合わせたいと考えています。
    また、プレゼンを通して、コミュニケーション力を身に付けさせたいと考えています。
    子どもたちが未来を想像し、長期的な視点で自分の力となる情報を取り入れ、適切な取捨選択ができることを期待しています。
    (自分の関心のある本ばかり読んでいると、それについては深堀できますが、多くの場合、社会とすれ違っています。)
    ☆プログラムのステップと内容
    1. 本や新聞記事を読ませます。(内容が難しい場合は、音読をしてポイントをア
    ドバイスします。)
    2. 原稿用紙 1 枚に、目標として要約を 50% 読んでの自分の意見を 50%書かせます。
    3. みんなの前で、発表をします。(90 秒以内)
    ☆この取り組みで醸成したいこと
    >情報を目や耳で取り込み構造化→分析→頭の中で人に伝えられるようにデータを構造化→口や顔の表情、体を使って構造化された情報を発信
    ☆課題点
    客観的に本を選択できているのか。
    (新聞に関しては、毎日 1 面を対象)

キッズコンパス
関西学院大学 都市創造センター松山分室
井上賢司

2013年度の教育方針はこちら

2013年度の進路学習の方針

2013年3月28日 木曜日

2013年03月キッズコンパス通信保護者のみなさまへ

    2013年度の進路学習の方針

    担当 原田 真理子

    私は、「もののはじまり」授業を担当しています。私たちの暮らしは、原始時代から数多くの発明・技術革新(イノベーション)により、便利で豊かなものになってきました。
    先日の『電話・電信』授業では、よく知られている電話の発明者ベルと、無線技術開発者マルコーニの話をしました。現在私たちはマルコーニのおかげで、遠距離無線通信が可能になり、ラジオ放送を聴くことができます。彼が亡くなった時には、何千人もの人が道に並び世界中の電波送信機が2分間無言になったそうです。この話をすると、いつもは賑やかな子どもたちが神妙に聞いてくれました。
    私たちの子育てを振り返ると、気持ちに余裕がありませんでした。できることなら、夢や希望をもって新しいものを作ってきた発明者たちのことを教えたかったです。「もののはじまり」授業では、子どもたちに物の仕組みや歴史を実感して、新しいことに挑戦する気持ちを育んでほしいと思っています。
    >>2013年度の教科教育方針
    >>2013年度の英語教育の方針
    >>2013年度の国語学習の方針

2013年度の国語の教育方針

2013年3月28日 木曜日

2013年03月キッズコンパス通信保護者のみなさまへ

    2013年度の国語の教育方針

    担当 山野本 武

    国語は言葉を扱う教科です。自分の気持ちを適切に伝え、相手の気持ちを正確に理解しなければなりません。気持ちの部分は意見や考えとも言い換えられます。要するに「自分の思い」を伝え合うことが肝要なのです。しかし、今の子どもたちはこの「自分」というものが希薄です。作文を書かせても二言目には「書くことがない」。それではどれだけの言葉の勉強をしたところで意味がありません。
    なにせ「伝えたい」という気持ちがないのですから。私は「国語」を通して好奇心や感受性を高めたいと思っています。現在、漢字検定や国語辞典を積極的に活用しているのも、語彙を豊富にすることで、これまで気づかなかったことに目が留まるようになるからです。
    また週に一回、新聞や絵本を自分で要約し発表していますが、これも読書を通して様々な価値観を知ってほしいからです。
    国語は単なる受験科目ではなく、生涯学んでいくものです。
    子どもたちにより多くの言葉や技術を教えるだけなく、何より子ども自身の「伝えたい」という前向きな気持ちを大事にしたいと考えています。
    >>2013年度の教科教育方針
    >>2013年度の英語教育の方針
    >>2013年度の進路学習の方針

2013年度の英語教育の方針

2013年3月28日 木曜日

2013年03月キッズコンパス通信保護者のみなさまへ

2013年度英語の教育方針

    英語教科担当責任者
    仲村渠 るみ子

    「英語くらいは話せるようになりたい。」
    そんな声をよく耳にします。社会にでて、英語の重要性を痛感する前に義務教育の段階で、英語でコミュニケーションができる人材を育てるべきでしょう。グローバル化が進み、ますます国際社会で活躍する日本人の育成が求められます。ビジネスにおいても他国との連携なしに、日本国内だけで仕事ができる時代ではありません。
    小学校では「外国語活動」として英語学習が始まっています。柔軟に言語を吸収できる早い段階から、英語に取り組むことは歓迎すべきことです。上達するためには毎日少しでも、英語に触れることが大切です。習った単語やフレーズで、短文を作ってみる。友達の前でゆっくりでも英語の絵本を読んで聞かせる。英語を「聞く・話す・読む・書く」ことができる喜びを早くから学んでほしいです。
    不景気が続く昨今ですが、野球やサッカーなどのスポーツを通して、果敢に世界に挑み活躍する日本人たちの姿は、日本を明るくしてくれます。子どもたちにも、将来、自分の得意分野、活躍できる分野を世界へ発信できる人材になって欲しいです。
    >>2013年度の教科教育方針
    >>2013年度の国語教育の方針
    >>2013年度の進路学習の方針

2013年度の教科方針

2013年3月28日 木曜日

2013年03月キッズコンパス通信保護者のみなさまへ

    代表の井上です。過去2年間で、気になる2点があります。それを紹介して、2013年度の英語・国語・進路学習の方針を伝えます。
    《できるかぎり子どもを甘やかさない》
    子育ての目標は、子どもたちが自立することだと思います。ところが、子どもたちに手をかけ過ぎる保護者が多いように感じます。それでは、いつまで立っても巣立つことができません。保護者が過剰に手をかけた分、子どもたちは自分で考えて行動することが遅れると思います。
    学習にも影響すると思います。
    《親の勘違い》
    有名な進学塾へ行けば、子どもの学力は上がると信じている保護者がいます。
    確かに我が子の学力や学習姿勢を理解し塾の指導者と子どもの学力に関して情報を共有できていれば、そのとおりです。
    しかし、そうでない場合は、子どものことをしっかり理解して選択すべきです。「あの子が通うから」という安易な選択は、するべきではありません。
    教育方法は、10人いたら10通り、100人いたら100通りです。その子どもにマッチしたところを選ぶべきです。
    >>2013年度の英語教育の方針
    >>2013年度の国語教育の方針
    >>2013年度の進路学習の方針

キッズコンパス
関西学院大学 都市創造センター松山分室
井上賢司

>>4月からの新しいスタッフの紹介はこちら
>>3月からの新しいスタッフの紹介はこちら

4月からの新しいスタッフ

2013年3月27日 水曜日

2013年03月キッズコンパス通信保護者のみなさまへ

    4月から新しいスタッフがお出迎えします。
    ✩一人目のスタッフを紹介します。

    名前は、永井美由紀さんです。担当は、今までのキャリアを活かし国語を担当します。

    プロフィール

    永井美由紀です。中学校の男の子2人の母親です。子育てはまだまだ現役です。

    これまでの子育てで頑張ってきたことは、ずっと続けていた「読み聞かせ」です。小さい頃からの読み聞かせは、子供達にとって、きっと代え難い宝になる事でしょう。また、将来の国語力を左右するのは、小学生時代の読書の量と質ではないかと考えています。・・・

    >>3月からの新しいスタッフの紹介はこちら

    よろしくお願いします。

    キッズコンパス

    関西学院大学 都市創造センター松山分室
    井上賢司

3月からの新しいスタッフ

2013年3月1日 金曜日

2013年03月キッズコンパス通信保護者のみなさまへ

    新しく外国人英語講師を採用いたしました。
    名前は、タマラさんです。担当は、英語で仲村渠先生のアシスタントとして、採用しました。

    プロフィール

    My name is Tamara Kabwadza,I come from a small Central African country called Malawi and I am 26 years old. I have an honors degree in Business Management from the University of Sunderland, UK. I communicate best in English.
    >>>詳しくはこちら

    よろしくお願いします。

    キッズコンパス
    関西学院大学 都市創造センター松山分室
    井上賢司

2013年外部新3・4年生募集

2013年1月25日 金曜日
2013年01月キッズコンパス通信☆新3年生・新4年生の募集
☆外部生募集(新3年生・新4年生)

キッズコンパスでは、子どもたちの成長過程と個性に合わせて、じっくりと本物の学力を育てていくことをめざします。学ぶことが楽しいと思える講義と良質の教材、学力を定着させるためのテストなど、子どもたちの豊かな能力を育成するためのきめ細かな学習システムを提供します。

新3年生・新4年生のカリキュラム
2013年2013年度外部新3年生募集 2013年度外部新3年生募集
2013年度新3年生のプログラムと授業料 2013年度新3年生のプログラムと授業料
2013年度外部新4年生募集 2013年度外部新4年生募集
2013年度新4年生のプログラムと授業料 2013年度新4年生のプログラムと授業料

大きな夢をもって勉強

子どもたちの勉強は、愛光中学に合格したらゴールではありません。合格してからがスタートです。東大・京大・国公立医学部に合格しても単なる通過点です。その時点で、ハッピーな人生が約束されているわけではありません。さらに、優良企業に就職しても 倒産する可能性も想定しなければなりません。

これからの人間は、精神的回復力・抵抗力・復元力・耐久力などを身に付けておくこと が不可欠です。困難な状況にさらされても、ネガティブな考え方しかできない人間は心配です。

実社会で生きていく限り、常に学ぶことは必要です。

キッズコンパス
関西学院大学 都市創造センター松山分室
井上賢司

私立愛光中学以上を勧める理由

キッズコンパスが私立愛光中学以上を勧める理由には、下記5つがあります。

  • 良質な授業環境が保障されている
  • 広い地域から集まるので、認識が広がる
  • 学力は大切
  • マナーや礼儀作法
  • 統計的に見れば・・・・私立難関校

>>>詳しくは上記プログラムをご参照ください。